読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野澤祐樹くんのこと。

Jr.のこと。

 

2016.12.30


ジャニーズJr. 野澤祐樹くん

お誕生日おめでとうございます!


私事務所担と言いますか…

まぁ、率直に言うとクソDDです。


上にも上がりましたが

本日お誕生日の野澤祐樹くんも

とても大好きなジャニーズのひとりです。


お誕生日という素敵な日ですが

私の心の奥底でずっと思ってた思いを

ここでぼそっと言おうかなーと思います。


ただ私記憶力が大変悪いので所々の記憶や

間違ってる所とか価値観の違いもあるかと思いますが

その点はどうかお許しください。


初めて野澤くんの現場に行ったのは

2006年『ジャニーズJr.の大冒険!』

だったような気がします。


大変勿体無いことに

「だったような気がします。」と言っているあたり

正直この時の記憶はほとんどないです。笑


この公演ですぐ野澤くんに惹かれた訳ではなくて

数年後徐々に各所で見かけて今に至る…という訳です。


当時は今と趣味が違い他に推してる子は

ある程度共通点があったのですが

その中、野澤くんは異彩だったみたいで

その当時母も驚いていました。


今思えば未来の私の好みを

先駆けていたのかもしれません。笑


野澤くんは各所でも露出が多く

『TOP3』『Mis Snow Man』『noon boyz

と色々なグループを経てきました。


野澤くんにとって
特に『Mis Snow Man』そして『noon boyz』は

大きなターニングポイントだったと思う。

( 勿論『TOP3』もとても良いユニットだった。)


野澤くんが好きな身としては

野澤くんがプッシュされていることは

とても嬉しいことだったが、

でもなぜか理由はよくわからないけど

私は野澤くんと真田くんがすごく推されている

『Mis Snow Man』での立ち位置の差に

漠然と納得いってなかった記憶がある。

( 気分害された方いたらすいません。 )


『Mis Snow Man』はJr.にも関わらず

グループ主演映画が公開されて、

当時公開区域にはいなかった私は

とても悔しがったのも覚えている。笑


『Mis Snow Man』として活動をし、

同メンバーの真田佑馬くんと共に

noon boyz』というグループも結成された。

『笑っていいとも』のいいとも青年隊と言えば

ピンとくる人も多いのではないだろうか。


Jr.としては異例の推され方というか

大プッシュされていた。

地上波で週5のレギュラーは大きい。

お茶の間にも名前は広がった。


noon boyz』としても

勿論変わらず野澤くんのことが大好きで

当時いいともの観覧には年齢制限で行けず

それも悔しい思いをした。笑


ただその後大好きだった

『Mis Snow Man』が事実上なくなり

真田くん、野澤くんを抜いた6人で

『Snow Man』が結成された。


Jr.担をしているとこういうことは多々あるし

グループ解体、退所は通る道だけど

自分の思い入れのあるグループが解体されたのは

初めてだったので当時はすごく落ち込んだ。

あまりにも落ち込んでいる私を見て 、

母にもさすがに心配された。笑


6人は何にも悪くないし、

むしろ2人だけがプッシュされてることに

6人は焦りもあったと思う。

( 阿部くんも受験とかあったし… )


でも前グループの名前を少し引き継いでることも

そこに大好きな野澤くんがいないことも

なんでよりによって野澤くんなんだってことも

それを受け止められるほど私は大人じゃなくて

しばらく『Snow Man』の6人を

ちゃんと見ることができなかった。


( 下記にも書くがこの数年後まさか自分が   )

(『Snow Man』に出戻るとは                       )

( この時予想だにしていなかった。☜          )


途中他のアイドルに寄り道をしたので

ここら辺が割と曖昧だったりするが

いいとも青年隊としての活動も終わり

その後も『noon boyz』として露出したり

また『Endless SHOCK』にも選ばれ

なんとなーく順調だったりしたけど

今年からだろうか。プツッと仕事が途絶えた。

 

そして春には野澤くんのシンメとして

有名な真田佑馬くんが『Love-tune』に選抜され、

本当にバラバラになってしまった。


なんだろう。 なんなんだろう。

しょうがないとは思っても、

私がどんなに願ったところで

この事実がどうにもならないことも

全部、全部わかっていたけど、

あぁ。もう『のんさな』は見れないのか。

そう思うと悲しかった。

やっぱり心のどこかでは

野澤くんの隣には真田くんがいてほしかった。


でもそれと同時に良かった。とも思った。


推しとシンメを組んでいる子って

見がちになることが多いが、それだ。

野澤くんを追ってると、

自然と真田くんのことも追っている。笑


彼もまたとてもいいものを持っているし 、

素晴らしい人材で最高のアイドルだ。

だからそんな彼がグループに選ばれ

露出が増えるのは本当に喜ばしいことだ。

Love-tune』もメンバー変異はあり

色々と波紋をよんだものの とても嬉しかった。


それに真田くんは今年俳優としても大躍進だった。

もともと演技に定評のあるJr.だったが

今年の『コインロッカー・ベイビーズ』では

全くテイストの違う5役を演じきり、

また『ダニー・ボーイズ』では

Jr.にしては異例の外部舞台の主演。

 

特に『コインロッカー・ベイビーズ』での

真田佑馬くんはいい意味で怖かった。

とても狂っていた。心地いいくらいに。


そして『Snow Man』の6人も

クリエでは当日券に並ぶ人数もすごく

今年は先輩のバックに自身の単独公演など

大活躍 かつ 大忙しの年を送っていた。


そんな時やっぱりふと思うのは野澤くんのことだった。


上半期を境にパタリと活動がなくなってしまった。

色々と噂はあるがちゃんとした情報はないので

この点はあまり口を出さないようにするが

またステージで輝く野澤くんに会いたい。

寂しい気持ちはあるが 私が出来ることは

彼を信じて待つことなので待っていようと思います。


ちなみに数年前私も落ち着いた頃に

『Snow Man』の6人をみることがあった。


久しぶりにみる彼らは前に見た時よりも

ずっとずっとパワーアップしていて 、

私の中で時が止まっている間もずっと前に進んでいた。


それにいかに私が野澤くんしか

見ていなかったかということに実感した。笑

6人とも素晴らしくかっこよかった。


DDの悪い癖で出戻りました。笑


なんとなく『Mis Snow Man』時代の話は

暗黙の了解で言えないのかなとも思ったし

きっと言いにくかったりもしたと思うけど

あるメンバーが雑誌でしっかりと向き合って

このことについて話してくれたことがあったし、

今年は『Love-tune』としての真田くんと

『Snow Man』が絡むことが多かったが

対談やライブでの絡みの雰囲気を見て

当時はきっと葛藤したんだろうけど、

グループが変わっても彼らは彼らだった。

 

それに涙が止まらなかった。


今でもたまに あのまま進んでいたら…

今と違う道に進んでいたら…と思うことはあるけど、

そんな時ある人からもらった言葉を思い出して、

 

もし今の道じゃない道に行きたかったかもしれない。

後悔もしたかもしれない。

でも進んだ道、今進んでる道が

貴方の進むべき道なのだから

それをしっかり進みなさい。

 

って言葉を信じて、

今彼らが進んでる道は

彼らにとって進むべき運命だったと思って

彼らが更にこれからも飛躍していくことを祈ってます。


気分悪くされた方いたらすいません。(2回目)

 

一先ず野澤くんが怪我もなく元気に

幸せな日々を送れていたら私は幸せです。

 

離れてしまっても

彼らがみんな幸せでありますように。

 

大好きなみんなが

栄光を勝ち取りますように。


長くなりましたが

改めまして本日は野澤祐樹くん

お誕生日おめでとうございます。

 

語彙力ないヲタクですいません。

 


おわり。